怠惰な日々

 *blogではありません。日記です。

再びテニスコーツワンマン。

感想は一昨日と大体一緒。内容は違うけど、テニスコーツテニスコーツ

一昨日のほうがよかったかなと思うが、別に点数なんてない。

ベアーズの後ろに並べてあるレコードを漁って、YMO「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」を買う。

ベアーズでテニスコーツワンマン。最近の方向性を打ち出してるのと、狭い地下室のベアーズなので僕の求めるようなテニスコーツらしさというのとはちょっと違う時間帯もあるのだが、まあそこはそれで。あんまり客に迎合せず、やりたかったらやるというのがテニスコーツだから。

お土産がわりにカセットテープを1本買って帰る。

早めの終演だったので、松でラーメンを食べる。明後日の追加ワンマンは少し残ってるようだからそっちも行くことにする。

 

妻と百福でランチ。ダルバートはお代わりできるとあったのでお願いしたら、ダルバートはできるがダルバートスペシャルは駄目ですとのこと。なんだそりゃ。妻もそんなに気に入らなかったらしいし、来るんじゃなかったな。

その後九条で諸々買い物。

自転車で扇町方面へ。シュークリームを買いたかったのだが、寄ったお店ではもうシュークリームは作ってないとのこと。そんなことがあるのか。

苫前のマスクメロンをいただく。

ヤクルトの誰かが北海道苫前町からお礼にもらったメロンを、ファンに抽選で配るというありがたいイベント。自分じゃ買わない、見るからに高級なメロンだ。よくぞ当たったものだ。感謝。

しばらく置いて熟させないといけないらしいので当分おあずけ。食べごろがわかるのかどうか心配だ。

仕事のあとにopaltimesへ行き、「うたうスーベニア」を見る。

予約制はどうも敷居が高いのだが、見たいから仕方ない。

竹浪音羽、ニメイ、シバタリョウ、ムラサキユリエのグループ展だが、ここのグループ展は非常にとりあわせがよくて、全体の雰囲気に統一感がある。今回もお目当ては竹浪さんなのだが、ほかの3作家も自然に目が行き、全体を見ていられる。おそらくしもた屋なのか、ギャラリーの広さがまたちょうどいい。

今回は竹浪さんの貝殻の置物を購入。いかにも竹浪さんらしい作風で、絵が好きだ好きだと思ってたけど、こういうのもいいなあ。

ケースに入れてくれて、大事に持って帰った。